ZK-80用プログラム入力ロボット(ZK-80プログラムローダー、ZK-80-PL)

ZK-80のキーボードの代わりに接続して、PC(シリアルコンソール)からの指示でデータを自動入力します。

 
組立てキット説明書
組立てキット2,600円(税抜き)で販売中
動作中の様子はこちらをご覧ください。
接続方法   1. ZK-80とはキーボードと同じようにフラットケーブルで接続します。
    2. PCのUSBポートとZK-80-PLのCOMポートをクロス接続します。
ZK-80-PLの動作には5Vと3.3Vの電源が必要です。
左のような5Vと3.3Vの電源も同時にとれるものが便利です。(オレンジピコショップで販売中、付属のジャンパー線は4線なので、別途ジャンパー線が必要です。)
信号レベルが3.3Vのものでしたら、他のものでも使用できます。(
信号レベル5Vのものを接続しないでください。壊れる可能性があります。)

ZK-80-PLのCOMポートと以下のように接続します。
COMポート USBシリアルモジュール
+5V +5V
GND GND
TXD RXD
RXD TXD
3.3V 3V3

USBコネクターをPCに刺します。
PC側でTera Termなどのターミナルソフトを起動します。
(115200bps、送信改行コードCR、受信改行コードCR、ローカルエコーなし、送信遅延なし)
     
操作方法   ZK-80-PLとPCが正しく接続されていれば、シリアルコンソールにプロンプト「*」が表示されます。(表示されない場合は接続を確認して、Enterキーを押下してください。)

プロンプトが出ている状態で、以下の表のコマンドが使用できます。
コマンドは大文字でも小文字でも構いません。コマンドの後にEnterキーを押下します。
コマンドは「8000$」のように連続指定可能です。(アドレスを8000にセットします。)

コマンド 書式 説明
09AF 該当するデータキーを押下します。
U RETキーを押下します。
R RUNキーを押下します。
S STORE_DATAキーを押下します。
L LOAD_DATAキーを押下します。
\ RESETキーを押下します。
  ADRS_SERキーを押下します。 
+   READ_INCRキーを押下します。
-   READ_DECRキーを押下します。
Wまたはスペース   WRITE_INCRキーを押下します。
# #パルス幅 #に続けてEnterを入力すると、キー押下時のパルス幅が表示されます。
#に続けて数字を入力すると、パルス幅(ms単位)を変更できます。デフォルトのパルス幅は100msです。
パルス幅を短くするとキー入力が速くなりますが、あまり速くすると誤動作したり、リレーの寿命を縮めます。
/   プログラム入力モードになります。
プログラム入力モードではZK-80付属のアセンブラ(z80v097.html)の出力をコピーし、シリアルコンソールにペーストするとプログラムが入力されます。
すなわち、このモードでは以下のような振る舞いになります。
・(xxxx)[CR]でアドレスをセットします。
・データキーはそのまま入力されます。
・スペースまたは[CR]でWRITE_INCRキーが押下されます。
プログラム入力モードを終了するにはESCキーを押下してください。

プログラム入力例
1.ブラウザーでアセンブル
2.プログラムモードに入り、シリアルコンソールにコピー&ペースト
3.プログラグラムモードを終了し、8000番地にアドレスをセットして実行
 
 Home